9つの宝石と惑星、配置について

ナヴァラトナは、ヴェーダ(インド)占星術で「人間に影響を与える九つの惑星」という意味の「ナヴァグラハ」の理論を基に導きだされた9つの宝石を使用したインド、スリランカに古くから伝わる強力な護符です。

宝石はエネルギー(気)が結晶として形作られたものなので、惑星からの力を長い期間維持することができるという理由で、昔から占星学と関連付けられています。

ヴェーダ では、全てのものは固有の振動を持っていて、その振動は数に変換することができるので森羅万象は九つの数字に集約できるとされており、この九つの数字は九つの惑星(人間の人生を司る惑星7つと、月の昇降点2つ)の九つの宝石に対応しているとされています。

惑星宝石は、 それぞれ色のついた光と紫外線、赤外線を出しており、9つの宝石を同時に身につけることによって、太陽系の天体から届くエネルギーを変調させ、惑星の光を補正し、悪いエネルギー跳ね返し、良いエネルギーを増幅させて身に付けた人の気を高めるといわれています。

 


 

使用される九つの数字、惑星〔光線色〕、宝石(※代用宝石)
数字惑星宝石代用宝石

1

太陽ルビーガーネット、レッドスピネル、ルベライト、ピンクサファイア
2パールムーンストーン、白瑪瑙、白翡翠
3木星イエローサファイアシトリン、イエロートパーズ
4

ラーフ

(月の昇交点)

ゴメダ

(ヘソナイトガーネット)

 スぺサタイトガーネット、ジルコン、サードオニキス
5水星エメラルドグリーンジルコン、グリーントルマリン、ペリドット、アベンチュリン、アレキサンドライト
6金星 ダイヤモンド ホワイトサファイア、ホワイトトルマリン
7

ケートゥ

(月の降交点)

 キャッツアイ タイガーアイ、クォーツキャッツアイ
8土星ブルーサファイア タンザナイト、アイオライト、インディゴライト
9火星赤サンゴカーネリアン、赤瑪瑙、ジャスパー、パパラチアサファイア

*代用宝石はホロスコープの関係で惑星宝石を使用すると作用が強すぎると判断された場合や、16歳以下の年齢が若い人に使用されます。

 


 

そして、

その9つの宝石を金属の台に太陽系波動を放つ配置に並べると、ヤントラ(神仏や宇宙を図形で表したもの)の働きをします。

 

navarathena_02

navarathena_03

 

加工は、太陽の光が宝石から皮膚を通して身体にあるチャクラに届いた方が良いとされているので、台の裏は塞がず、出来るだけ宝石が肌に直接触れるように加工します。

 

navarathena_04

 

navarathena_05

 

宝石は未処理で天然の宝石を使用するのが効果的と言われています。

合成の宝石は、同じ成分で作られていても、自然に触れて育っていない為です。
色彩改善のための処理も、宝石の生来のエネルギーを弱めてしまうようなので処理をしていない宝石の使用をお勧めします。

 

navarathena_07