カーッカニル(ダークブルーサファイア)

カーッカニルはスリランカのヴェーダ占星術で選定される宝石のひとつになります。

シンハラ語で「カーッカ」は”カラス”、「ニル」は”青色”の意味になり、「カーッカニル」はカラスの青黒く光る羽のような深いダークブルーの色味のサファイアになります。

石全体は黒色ですが透過光で”青色トーン”にみえるサファイアをカーッカニルと呼びます。

真っ黒なサファイアは光を透過しない石が殆どで、透過光で青く見える石は現地でもとても希少です。

中でも非加熱のものはなかなか市場に出ることがない珍しい色味になります。

ヴェーダ占星術では出生時間から導き出されたホロスコープからその時期の惑星からの影響を読み、その影響を強めたり弱めたりする各惑星に呼応する宝石が選定されます。

*カーッカニル(ダークブルーサファイア)は土星に呼応しています。
土星は九つの惑星の中で太陽から最も遠い場所にあります。太陽系内の惑星では木星に次いで大きな星です。
土星は人生に厳しさを与え、楽観的で無責任な性質を正します。
土星は障害や苦悩、悲しみをもたらすこともありますが、それによって成功や忍耐力、不屈の精神を与えます。
土星に影響された人は哲学性、責任感、辛抱強さを身につけ、他者からの支持やカリスマ性を受け取ります。
土星が悪い影響を与えるときは破壊と破滅をもたらし、土星が良い影響を与えるときは誠実な正義感ある指導力で信頼を得ます。

今回は、カーッカニル(ダークブルーサファイア)を選定されたお客さまへご紹介★

早速現地で探してもらってみるものの、透け感がなかったりヒビヒビだったり加熱されていたり、、と、なかなかコレぞ感のある本物に出会えなかったカーッカニル。

そんなカーッカニル探しの中でなんとカッターがカーッカニルの原石を見つけ、今回はその原石をカットすることになりました。

最初は大きなひとつの原石でした。

そこから4つに分かれ、

二つのカーッカニルが誕生しました★

その後、続くように見つかったフラットな形のカーッカニルの原石

こちらもカットし、

青黒い輝きが美しい三つのカーッカニルになりました☆

土星がもたらす困難や試練を避け、幸運へと導く力があるとされるカーッカニル。

ご縁があった方々の元で輝いてくれることをお祈りいたします☆

 


 

カーッカニル(ダークブルーサファイア)の商品ページはこちらより