グランディディエライト

Grandidierite_1

 

グランディディエライトは1902年にマダガスカル南部海岸、アンドラホマナ(Andrahomana)の崖で発見された世界有数の希少な宝石です。

産出は、世界の約50個所から報告されていますが、その中でも宝石質のグランディディエライトは特に希少でマダガスカル、スリランカ等から産出しています。

基本的に不透明石が多く、ほとんどに内包物が多く含まれていて、カットを施せるレベルの宝石質結晶が少ない上に、マダガスカル政府が「国の宝」としてマダガスカル産原石の国外への輸出を制限、規則し、流通経路が限られてしまった為、極めて入手困難で希少なレアストーンと云われています。

Grandidierite_2

宝石名:グランディディエライト(Grandidierite)
鉱物名:珪酸塩鉱グランディディエ:(Mg,Fe)Al3(BO4)(SiO4)O
色調:ビビットブルーグリーン(日本色彩研究所)
比重:2.98
硬度:7.5
結晶系:斜方晶系
産状:ペグマタイト
主な産地:マダカスカル・スリランカ・アメリカ・ドイツ等

グランディディエライトの名は、フランスの博物学者でマダガスカルの地質や自然史を研究した

「Alfred Grandidierアルフレッド・グランディディエ」に因んで名付けられました。

Grandidierite_3

Alfred Grandidierは絶滅したエレファント・バード(象鳥)エピオルニスの骨の発見にも貢献し、『Ethnographie De Madagascar』を制作したメンバーの一人です。

とても裕福な家庭に産まれたフランスの兄弟、Alfred GrandidierとErnest Grandidierは、世界中を航海しました。

 

Grandidierite_4

弟、Alfred Grandidier(1836-1921)

 

Grandidierite_5

兄、Ernest Grandidier (1833–1912)

 

最初は天文学者で物理学者のPierre Jules César Janssen と航海を始めましたが
Pierre Jules César Janssenが体調を崩し、約半年後にフランスへ帰国。

しかし、グランディディエ兄弟は旅を続けました。
彼らは1858年と1859年に南アメリカのアンデス山脈(ペルー、チリ、ボリビア、アルゼンチンとブラジル)を訪問しました。

この後、2人は、別々に行動します。

兄のErnest Grandidierは中国に行き、非常に多くの芸術品を集めました。
現在は、ルーブル美術館とギメ東洋美術館に所蔵されているようです。

Grandidierite_6

Gourde double à décor ajouré Ancienne collection Ernest Grandidier. Décor polychrome en onze registres. (C) Musée Guimet, Paris, Dist. RMN-Grand Palais / Benjamin Soligny / Raphaël Chipault 18e siècle, règne de Qianlong (1736-1795) famille rose (céramique), porcelaine fours de Jingdezhen, Chine

 

Grandidierite_7

Plat à décor de personnages L’empereur Minghuang (Xuanzong) des Tang (r. 712-756), donnant une fête aux nombreuses femmes de sa cour, debout ou placées aux balcons des pavillons. Ancienne collection Ernest Grandidier (C) RMN-Grand Palais (musée Guimet, Paris) / Thierry Ollivier 18e siècle, dynastie Qing (1644-1912) famille verte (céramique), porcelaine Chine, fours de Jingdezhen

 

 

一方、弟のAlfred Grandidierはインドへ旅立ちました。

Grandidierite_8

1860 TDM INDE ALFRED GRANDIDIER BOMBAY

 

そして1865年、Alfred Grandidierは、マダガスカルへ初めて訪れ、
1866年と1868年に島の研究をする為、再来島しました。

Grandidierite_9

Alfred Grandidier | Histoire physique, naturelle, et politique de Madagascar (1885)

 

 

Grandidierite_10

Lorises, Alfred Grandidier 1904

 

 

Grandidierite_11

Natural history, natural, and political Madagascar By Grandidier, Alfred, 1836-1921 Mabille, P. (Paul), 1835-1923 Saussure, Henri de, 1829-1905 Zehntner, Leo.

 

 

Grandidierite_12

LEMUR VARIUS var Ruber Common name Red Ruffed Lemur Lithographed by John Gerard Keulemans Published by Alfred Grandidier Paris circa 1880 in Histoire

 

 

探査の間、彼は観測しながら島を3回横断し、将来の探検において使われる島の地図も作成しました。

そして1870年、ようやくフランスに帰国。

フランスに戻った後、Alphonse Milne-Edwards や Leon Vaillant 達と共に『Ethnographie De Madagascar』の制作に取り組み始めました。

『Ethnographie De Madagascar』は40章あり、最終章はAlfred Grandidierの死後に彼の息子Guillaume Grandidierによって発表され、およそ50の新種の爬虫類と両生類を解説しました。

その中にはAlfred Grandidierの名誉を讃え、彼の名前がつけられた動物や鉱物もありました。
グランディディエライトもそのひとつです。

Grandidierite(鉱物)/Madagascar

Grandidierite_13

 

Oplurus grandidieri(トカゲ)

Grandidierite_14

 

 


参考:
Oplurus grandidieri
Alfred Grandidier
Ernest Grandidier 
Grandidierite-gia
Grandidierite-gia