Kornerupine /SriLanka
コーネルピン/スリランカ産
「コーネルピン」という名前は、1884年につけられましたが、コーネルピンの宝石質の石が発見されたのは28年後の1912年でした。
現在でも稀産で、わずかに蒐集家用にカットされるぐらいです。
キャッツアイが現われるコーネルピンは、スリランカと東アフリカ産で僅かに存在します。